FXテクニカルの初心者勉強会 : Daikichi FX

集まれ!初心者トレーダー。FXトレードが初めての方のテクニカル勉強会。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

抵抗ラインと売りサイン

⇒  2012.09.04の為替ブログ日記・ランキング結果

キャプチャ

http://daikichi-fx.com/vip/member/blog/?p=70

こちらに、波の上からでもショートできる1分足エントリーを書いています。

ご確認ください。

この記事に関するご質問は、MemberBBSへ・・・

↓ ↓ ↓ ブログランキングに参加しました。できれば、応援してやってください。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



フェニックス株式情報掲示板 | トレードについて | 12:52 | TOP↑

≫ EDIT

ゾーンという捉え方について

⇒  2011.09.21の為替ブログ日記・ランキング結果

『ゾーンという捉え方について』

フェニックス・ファミリーの方は、必ず、読んでおいてくださいね。

これは、個別株式や日経225先物チャートでも、同じ捉え方ですので・・・

よろしく、お願いします。

この記事に関するご質問は、MemberBBSへ・・・

↓ ↓ ↓ ブログランキングに参加しました。できれば、応援してやってください。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

フェニックス株式情報掲示板 | トレードについて | 12:04 | TOP↑

≫ EDIT

チャネルラインの引き方

⇒  2011.09.05の為替ブログ日記・ランキング結果

今日はメンバーさんにお約束した、「チャネルライン」の引き方を書きます。

MT4の使い方にもなります。

まずは、1本。

できるだけ、外側のライン(機能していることが前提です)を引きます。

20110905210535.png

そして・・・

引いた線の上にカーソルを持っていって、左Wクリックしますね。

すると、トレンドラインの左右と中央に「□」のマークができます。

20110905211408.png

見えますかね?

そして、次に・・・

この白い小さな四角の上にカーソルを持って行って、合わせます。

そして、・・・

あなたのパソコンのキーボードにある、「Ctrl」キーを同時に押します。

20110905212124.png

画像のようにカーソルをそのままスライドさせます。

そして、その時に気を付けるのが・・・

コピーしたトレンドラインを、今度は、一番、外側に合わせます。

この時も、トレンドラインが機能している位置に合わせることが前提です。

これで、チャネルライン(平行線)の引き方は完了です。

後は、・・・

その平行線の中に、さらに、機能している(上下を分けている)位置を探して、トレンドラインを引きます。

20110905212734.png

こんな感じですね・・・

画像で見れば、簡単ですね!!!

「チャネルライン」の引き方、絶対に覚えてくださいね。

この記事に関するご質問は、MemberBBSへ・・・

↓ ↓ ↓ ブログランキングに参加しました。できれば、応援してやってください。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

フェニックス株式情報掲示板 | トレードについて | 21:29 | TOP↑

≫ EDIT

トレンドラインの時間足による検証

⇒  2011.08.26の為替ブログ日記・ランキング結果

S.Kさんからの質問で、良い質問がありましたので、ここで解説を始めたいと思います。

以下、ご質問

ひとつ質問をしてもよろしいでしょうか?

昨日ブログの『本日の日中ポイントラインはここ!』の中でトレンドラインのBの起点があの地点になるのか教えてもらえますか?



ws0006931.png

答え・・・

チャート画面に入る部分で書ける範囲で便宜上書きました。



スイマセン!!!

本来なら、下記の画像のように長いトレンドラインな訳です。

というか?

大部分のトレンドラインと言うのは、このように、長い目線(時間足の数)で見るべきものですね!

誤解を招くような書き方になってしまいましたが・・・

今後も、このようなケースは、画像をキャプチャする上で、頻繁に発生すると考えられます。

2011082601.png

さらに、・・・

長い時間を表示してみましょう。

2011082602.png

突き詰めて言えば、トレンドラインの起点はどこから始まるのか?

という、答えは難しいように考えています。

今のこのチャートだけ見れば、5分足のチャートに1本のトレンドライン・・・

ですが、

実際には、見えないけれど・・・

1分足で引けるトレンドラインも無数にあり、10分足で引けるトレンドラインも無数にあり、1時間足で引けるトレンドラインも無数にありますね。

これらの、トレンドラインを、例えば・・・

この5分足のチャート上に、全部表示させたら、どうでしょうか?

トレンドラインだらけですよね。

笑。

でも、これでは・・・

どうしようもないですよね。

ここで、大切なことは、考え方と捉え方です。

どういうことかと言うと・・・




この記事に関するご質問は、MemberBBSへ・・・

↓ ↓ ↓ ブログランキングに参加しました。できれば、応援してやってください。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

フェニックス株式情報掲示板 | トレードについて | 13:46 | TOP↑

≫ EDIT

本日の日中ポイントラインはここ!

⇒  2011.08.25の為替ブログ日記・ランキング結果

ws000693.png

この赤色の3本のラインは重要です。

便宜上、ラインのみの表示にしています。

トレンドラインを書くことに慣れてきますと・・・

次の交差点での動きが予測しやすくなります。

ws0006931.png

例えば、Bのトレンドラインなら・・・

ピンクの小丸の部分に接しています。 このラインが引けた時点で・・・

次のピンクの楕円 「1」のところで、もみ合っていますね。

つまり、この「1」の時点における、「もみ合い」・「反落」などが、ある程度予測できるという訳ですね。

Cのトレンドラインについても同じことが言えます。

ピンクの小丸の2点を結んだトレンドラインに上からチャートが落ちてきました。

「一旦は、止まるだろう!!!」

という、予測ができます。

実際には、反発していったのですが・・・

また、

下げの勢いが、トレンドラインのチカラよりも強い場合には、そのまま、急降下してしまいますね!

このように、トレンドラインの延長線上には、次にくる、チャートとの戦いが待っているということなんです。 笑。

では、

「A」のラインについてはどうでしょうか???


続きを読む・・・





この記事に関するご質問は、MemberBBSへ・・・

↓ ↓ ↓ ブログランキングに参加しました。できれば、応援してやってください。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ人気ブログランキングへ

フェニックス株式情報掲示板 | トレードについて | 19:16 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT